三井住友銀行カードローンって返済実績はどのくらい大切なの?
審査結果をダイレクトに左右させる超重要な項目です。

結論から言えば、三井住友銀行カードローンの審査において返済実績の項目はものすごく大切です。

特に過去2年間での借入状況や返済履歴を見たうえで、融資を実行するかどうかの判断を行うので、普段から返済期日をしっかりと守った生活ができていたかで三井住友銀行カードローンの審査結果は決まると言えます。

三井住友銀行カードローンの審査と返済実績
  1. 過去2年間で滞納や延滞がない
  2. 借入残高が年収の3分の1以下
  3. 異動情報などが記されていない

もしあなたが三井住友銀行カードローンに審査を申込むのなら、今紹介した3つの返済実績のポイントに注意すれば審査に通る見込みがとても高くなります。

もちろん、審査は総合的な判断が行われるので、返済実績だけで審査が決まるわけではありません。(詳細な審査基準についてはこちらを参考にして下さい。)

今回は三井住友銀行カードローンで重要な審査項目となる返済実績について解説していくので、審査に少しでも確実に通りたいと思うあなたはしっかりと目を通して下さいね!

 

どうして返済履歴が審査で重要になるのか?

でも、どうして返済履歴が審査で重要視されるの?
それはあなたの信用情報そのものが担保となるからです。

三井住友銀行カードローンに限らず、多くのカードローンは返済実績をとても重要視する傾向にあります。(住宅ローンや自動車ローンなども同様)

特にカードローンの場合、担保なし・保証人なしでお金を借りることができるため、万が一の場合は貸し手側が債権を回収しきれないリスクが発生します。

そのため、返済実績で滞納や延滞がない人の方が与信(返済実績)がある人と判断され、結果的にカードローンの審査に通りやすい状態になって行くのです。

別の言い方をすれば、普段から「返済期日を守っている人」と「返済期日に遅れがちな人」であれば、貸し手側が返済期日を守っている人に融資をしたいと思うのは当然と言えます。

だからこそ、三井住友銀行カードローンに審査を申込む時は、普段から返済期日をしっかりと守っておくことが、審査で望ましい結果を得るための第一歩となるのです。

 

返済期日の履歴が残るものと残らないものがある

ちなみに、三井住友銀行カードローンの審査では、返済実績の履歴としてチェックできる項目とチェックできない項目があります。

返済期日の履歴が残る項目と残らない項目
履歴が残る 履歴が残らない
  • カードローン
  • クレジットカード
  • 銀行からのローン全般
  • 信販会社の分割ローン
  • 携帯電話の分割履歴
  • 一部の教育ローン
  • 友達からの借金
  • 国民年金や健康保険
  • 入院保険や生命保険
  • 公共料金の滞納
  • 家賃の滞納

ポイントになるのは「信用情報機関に加盟している企業からの借入が返済履歴に残る」という点です。

そのため、銀行や信販会社から借りたお金(住宅ローンや免許合宿費用)などの支払履歴は信用情報機関に履歴が残っているということ。

逆に国民年金や健康保険などの滞納情報は、行政が監理しているだけに過ぎず、信用情報機関には履歴が残らないので心配する必要はありません。

一部注意点として公共料金や家賃の滞納情報は、本来なら履歴には残りませんが、クレジットカード払いを選択していたり、家賃の保証会社がアプラスなどの信販会社の場合は履歴が残る可能性があるという点です。

もし不安な場合は、下に紹介する各信用情報機関に問い合わせをして、あなたの返済実績を調べてみることをおすすめします。

日本の信用情報機関

 

三井住友銀行カードローンの返済実績で大切な3つのポイント!

返済実績で気にするポイントがあるとすれば何ですか?
滞納情報・借入残高・異動情報の3つが重要です。

もしあなたが今から三井住友銀行カードローンの審査を申込むのなら、次に紹介する3つの返済履歴に関する情報で心当たりがないかを確認してから申し込むのがおすすめです。

カードローンの申込履歴や審査結果なども、半年間は信用情報に残ってしまうので、やみくもに審査の申込履歴を増やさない為にも、慎重に審査を申込んで下さいね。

 

ポイント①:過去2年間で滞納や延滞がない

point 1
滞納情報は
致命的に…

まず返済実績をチェックする上で最も重要視したいのが、過去2年間ので目立った滞納や延滞情報がないかということです。

もしあなたが3カ月連続で滞納を続けたり、毎月返済期日に遅れて支払っていた履歴がなければ、三井住友銀行カードローンの審査に通る見込みはとても高いと言えます。

また、少なくとも直近の3カ月は滞納や延滞がない状態にしておくことが、三井住友銀行カードローンの審査対策ではとても大切になると言えます。

 

ポイント②:借入残高が年収の3分の1以下

point 2
残高合計は
年収の3分の1以下に

三井住友銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンであることは間違いありません。

ですが、最近は利用者の借り過ぎを防ぐため、たとえ総量規制対象外のカードローンであったとしても、年収の3分の1以上の借入がある人には融資を厳しくするようになっています。

借入残高として計算される主な項目

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • クレジットカードのリボ・分割残高
  • カードローンのキャッシング枠
  • 信販会社の分割残高
  • 携帯電話の分割残高 など

基本的にはこれらの合計金額があなたの年収の3分の1を超えていなければ、三井住友銀行カードローンの審査に通る見込みはとても高いと言えます。

ちなみに、住宅ローンや自動車ローンなどの銀行から借りているローンの残高は総量規制の対象外となります。

あくまで貸金業者からの借金が年収の3分の1を超えていないかが、借入金額の計算のポイントです。

 

ポイント③:異動情報などが記されていない

point 3
債権異動は
絶対に避ける

返済履歴や信用情報をチェックする上で、絶対に避けておきたいのが「異動情報」が記されていないかということです。

異動情報とは?
いわゆる「ブラックリスト」のこと。3ヶ月以上連続で滞納を続けた場合や、延滞と滞納を目に余る頻度で起こすと発生することがある。

債権が異動した場合は、完済後5年間は履歴が残るので、この履歴が残り続ける限り新規のローン審査には通らなくなるので注意。

異動情報で厄介なのは、たとえ数千円と言った少額の債務情報だったとしても、一度でも異動と記されてしまうと、本当に何をやっても審査に通らなくなってしまうという点です。

だからこそ三井住友銀行カードローンの審査では必ず信用情報に異動履歴が残っていないかを確認するようにしましょう。

債権の異動が発生すると、債権者の方から書留郵便で通告書が届くので、それを判断基準にするといいです。

督促状が1回2回届いた程度では異動情報にはなりませんが、早めに対策を打つようにしましょう。

 

詳細な返済履歴を確認したい時は信用情報機関に問い合わせる

自分の返済履歴に問題がないか少し不安なんですが…
そんな時は、事前に信用情報機関に問い合わせてみる方法がおすすめです。

実は信用情報機関で保管されているあなたの個人情報は、各信用情報機関に問い合わせをすれば、いつでも情報開示請求をすることができます。

信用情報機関の情報開示請求の方法
  • 信用情報機関のサイトへ移動する
  • 個人情報の情報開示請求をクリック
  • 必要事項を入力
  • 手数料1000円を支払う
  • 情報開示が行われる

手数料に1000円支払う必要はありますが、クレジットカードで決済をすれば今すぐ情報開示ができるので、もし自分の返済履歴に不安がある場合はぜひ調べてみて下さい。

私も何度か情報開示請求を行ったことがありますが、情報開示請求の履歴が審査に悪影響を及ぼしたことはないです。

手数料の1000円が少し痛いですが、興味のある方はぜひ調べてみて下さいね。

 

審査を申込む時は直近3カ月は滞納がないように

三井住友銀行カードローンでは滞納や延滞情報がある人に対しては、審査をとても慎重に行う傾向があります。

そのため、今の時点で滞納や延滞がある場合は、まず先にそれらの問題を解決してから審査を申込むのがとてもおすすめです。

理想を言えば、半年以上は滞納や延滞の履歴が無い状態で審査を申込むのが理想ですが、少なくとも直近の3カ月だけでも返済履歴がキレイな状態で審査を申込む事が大切です。

三井住友銀行カードローンなら審査に通過した後は、毎月の返済額も安く低金利で借りれるので、安心感があるととても人気です。

今回の返済履歴の情報や項目を上手く活用して、あなたもさっそく三井住友銀行カードローンに審査を申込んでみて下さい。

三井住友銀行カードローンを利用すれば、あなたも安心してお金を借りて今の生活を立て直すことができるようになりますよ!

 

 

____________________________

三井住友銀行カードローン 借入件数

 

三井住友銀行カードローンの審査で現在の借入件数はどこまで影響する?

三井住友銀行カードローンの審査では、現在の借入額や借入件数などはとても慎重にチェックが入ります。そのため軽い気持ちで嘘の申告をしても、信用情報機関の情報を元にすぐに嘘だとバレて自ら審査落ちの原因を作ることになってしまいます。あなたもこれを読めば三井住友銀行カードローンの審査で影響のある借入額や借入件数の正しい申告方法が分かりますよ!

 

三井住友銀行カードローンの審査って借入件数は影響あるの?
理想は3件以内に抑えてくのがベストです。

三井住友銀行カードローンは、他社からの借入件数や借入合計額も審査の重要な項目としてチェックをしています。

審査に通るための目安として、他社からの借入合計額はあなたの年収の3分の1以下の状態で申し込むのが理想と言えます。

審査に通る借入件数の目安とは?
  1. 借入件数は少ない程いい
  2. 借入額は年収の3分の1まで
  3. 住宅ローンなどは含めない

借入件数に関して言えば、今紹介したポイントを踏まえて三井住友銀行カードローンの審査を申込むことが大切です。

今回は三井住友銀行カードローンの審査項目の一つである、借入件数と借入合計額の情報を詳しくまとめたので、ぜひチェックして下さい。

あなたもこれを読めば三井住友銀行カードローンの借入件数と借入合計額の正しい申告方法を理解できますよ!

 

正しい申告方法を学べばカードローン審査も怖くない!

借入件数や借入額に正しい申告方法なんてあるの?
下手をすれば審査落ちの原因にも繋がるケースがありますよ。

三井住友銀行カードローンに限らず、あらゆるカードローンの審査では借入額と借入件数の情報はとても大切です。

最近は信用情報機関との連携も発展し、自己申告が必要ないタイプのカードローンも増えましたが、正しい申告方法をマスターしておけば、三井住友銀行カードローンだけではない将来の金融審査でもきっと役に立ちます。

 

正しい申告方法はローン種別によってかなり違う!

まず他社借入額の申告で覚えておいて欲しいのが、「クレジットカード・消費者金融・銀行ローン・信販会社」によって、すべて申告方法が変わると言う点です。

例えば、クレジットカードで申告するべき借金はリボや分割払いの残高ですが、消費者金融などのカードローンではキャッシング枠の限度額全額が借金として申告する必要があります。

これは融資方法や契約内容により、借金の取り扱い方が信用情報機関でかなり変わることが原因です。

詳しくは下の表を参考にして下さい。

各ローン種別と申告方法
クレジットカード
  • キャッシング枠(全額)
  • リボ・分割払いの残高
カードローン キャッシング枠の全額
住宅ローンや自動車ローン 銀行から借りているローンは原則申告不要(銀行カードローンも)
信販会社 携帯電話・家具家電の分割ローンの支払い残高

これらの合計額が年収の3分の1以下になっていれば、あなたも三井住友銀行カードローンの審査に通るための条件を一つクリアしていると言えます。

銀行から借りたお金は総量規制対象外という扱いが原則ですが、カードローンだけは例外的に、借り過ぎを防ぐために年収の3分の1以上の融資を断られるケースが多いです。

三井住友銀行カードローンも例外ではないので、審査を申込む時は今紹介した他社借入の合計額が年収の3分の1以下になるように注意しましょう。

 

公共料金や家賃の滞納などは借金として申告する必要はない

ちなみに、ガスや電気などの公共料金や家賃・国民健康保険などの滞納は借金として申告する必要はありません。

申告する必要がない借金(一例)

  • ガスや電気など公共料金の滞納
  • 友達からの貸し借りしたお金
  • 国民健康保険の滞納
  • 家賃の滞納

これらの借金は三井住友銀行カードローンが使用する信用情報機関には借金とも滞納情報とも表示されないので、わざわざ申告する必要はありません。

下手に申告をしてしまうと「信用情報に載らない部分で借金をしている」と判断され、審査落ちの原因を自ら作ってしまうことになるので注意が必要です。

ちなみに、公共料金をクレジットカードで支払っている場合は、クレジットカードの滞納情報として表示されてしまうので注意が必要です。

他にも、賃貸の保証会社がアプラスなどの信販系の場合は、信用情報に滞納履歴が載る恐れがあるので、先に滞納問題を解決させてから審査を申込まれることをおすすめします。

 

借入金額で嘘を付けば審査でバレる!

借入件数や金額の申告なんて面倒だし適当でも大丈夫でしょ?
信用情報と連携しているので、嘘の申告は絶対にバレますよ!

三井住友銀行カードローンに審査を申込むときに最も注意したいのが「借入件数や借入金額の項目で嘘を付くこと」です。

元々カードローンとは、担保なし・保証人なしで借りれるキャッシングサービスなので、あなた自身の与信(信用できるか)がとても問われる金融商品です。

にもかかわらず、自己申告した借金の情報と信用情報上での借金の情報に大きな違いがあるときは、三井住友銀行カードローン側も審査が慎重になり、審査落ちの原因に繋がってしまいます。

借入件数や金額を少なくして、少しでも審査での心証を良くしたいという気持ちは分かりますが、嘘の申告は逆効果になりやすいので、正直な申告を心がけるようにしましょう!

 

三井住友銀行カードローンの審査で借入項目を攻略するポイント!

目安としてどれくらいの借入金額なら審査に通るんでしょうか?
借入件数は3件以内、借入額は年収の3分の1以下が理想です。

三井住友銀行カードローンの審査は借入項目だけで全てが決まるわけではありません。

ですが、借入項目を正しく申告することであなたが審査に通過できる可能性を高めることはできます。

ここでは三井住友銀行カードローンに審査を申込む時に、知っておいてもらいたい借入金額や借入件数の申告ポイントについて解説したいと思います。

 

審査ポイント①:借入件数は3件以下が理想

point 1
借入件数は
3件以下に

借入件数に該当する項目は「クレジットカード・カードローン・信販会社の分割ローン・携帯電話の分割代金」などが当てはまります。

銀行から借りている住宅ローンや自動車ローンについては借入件数として申告する必要はありません。

カード会社によって判断が分かれる所ですが、原則、銀行カードローンも借入件数として申告する必要はないと言えます。

借入件数として申告する必要がある項目

  • クレジットカードの枚数
  • カードローンの枚数
  • 消費者金融からの借入件数
  • 信販会社でのローン件数
  • 分割残高があれば携帯電話の契約台数 など

これらの件数が3件以内に収まっていれば、三井住友銀行カードローンの審査に通る条件を一つ満たしていると言えます。

ただ最近は年会費無料のクレジットカードが増えている事や、スマホを分割で購入するのが当たり前の時代になっているので、借入件数が3件以上あっても審査に通ることは珍しくありません。

むしろこの後に紹介する「借入金額の合計額」を三井住友銀行カードローンの審査では重要視すると審査対策も上手く行きやすいです。

可能なら、事前に必要のないクレジットカードやカードローンを解約してから審査を申込んだ方が、三井住友銀行カードローンの審査に通る見込みは高くなりやすいです。

特にカードローンは、残高ではなく、キャッシング枠そのものが現在の借金として計算されるので、必要のない枠は減額するか解約して借金を減らして申告するようにしましょう。

 

審査ポイント②:借入額は年収の3分の1まで

point 2
借入額は
3分の1以下に

三井住友銀行カードローンの審査で注意したいのが「他社借入の合計額は年収の3分の1以下に抑える」という点です。

たしかに三井住友銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンなので、年収の3分の1以上のお金を借りることは法律上は可能です。

ですが、今は契約者への過剰な貸し付けを防止するために、年収の
3分の1以上のお金を借りることができなくなっています。

だからこそ、三井住友銀行カードローンに審査を申込む時は、他社からの借入額を減らしたうえで申告することが大切です。

だからと言って、審査で嘘を付く必要はありません。

むしろ借入金額などで嘘を付いても、信用情報での債務情報と違うデータが出た時点で、審査落ちの原因を自ら作ってしまうことになります。

審査ですぐにバレるような嘘は絶対につかない様にしましょう。

 

審査ポイント③:住宅ローンなどは含めない

point 3
不要な借金は
申告しない

正直な申告が必要だからと言って、何でも間でも借金として申告する必要はありません。

この記事でも紹介したとおり、公共料金の滞納情報や家賃の滞納情報などを借金として申告する必要はありません。

あくまで、信用情報機関に情報が載っている借金をどれだけあなたが正確に知っているのかが重要となります。

申告する必要がない借金(一例)

  • 住宅ローンや自動車ローンなど銀行で借りたお金
  • ガスや電気など公共料金の滞納
  • 友達からの貸し借りしたお金
  • 国民健康保険の滞納
  • 家賃の滞納

繰り返しになりますが、これらの借金は三井住友銀行カードローンの審査では申告する必要はありません。

あくまで、他社カードローンやクレジットカードのキャッシング枠、信販会社や携帯電話の分割残高の合計額を申告するようにしましょう。

 

借入件数や借入金額に不安や疑問があるときは?

自分の借入額や借入件数がいくらなのか自信がないんですが…
そんな時は自分で信用情報の情報開示請求をする方法がおすすめです。

もしあなたが自分が契約しているカードローンやクレジットカードの状況を把握できておらず、本当はいくら借金として申告するべきなのか自信がないのなら、信用情報機関に問い合わせて個人情報の情報開示請求をする方法がおすすめです。

信用情報機関の情報開示請求の方法
  • 信用情報機関のサイトへ移動する
  • 個人情報の情報開示請求をクリック
  • 必要事項を入力
  • 手数料1000円を支払う
  • 情報開示が行われる

各信用情報機関の公式サイトをチェックすれば、個人情報の開示請求のページがあるので、そこで必要事項を入力し手数料1000円を払えばあなたの過去2年分のカードやローンの利用状況が分かります。

手数料の支払い方法は定額小為替やクレジットカード払いが選択できますが、クレジットカードで支払いを済ませれば、支払完了後にPDFファイルですぐに内容を確認できます。

各信用情報機関の詳細は公式サイトで確認して下さい。

 

すでに他社カードローンを利用しているなら増額審査も検討する

複数社からの借入があっても三井住友銀行カードローンで借りれるでしょうか?
そんな時は契約中のカードローンで増額審査をすることも大切です。

三井住友銀行カードローンなら、複数社からの借入がある状態でも、総合的な審査を行って融資が可能かどうかを判断してくれます。

特に消費者金融系のカードローンよりも金利が安いので、金利の借り換え目的やローンの一本化目的として三井住友銀行カードローンを利用する人はとても多いです。

ですが、もしあなたがすでに何らかの銀行カードローンを利用しているのなら、一度契約中の銀行カードローンに問い合わせをして、限度額の増額審査を申込めないかを相談することも一つの方法です。

カードローンの性質上、契約する限度額が増えれば増えるほど、金利がり下がりするように設計されてあるので、カードローンの増額審査は金利や利息の節約にもとても有効です。

あなたの借入状況や契約情報を冷静に分析した上で、三井住友銀行カードローンを申込んだ方がいいのか、他社カードローンに増額審査を申込んだ方がいいのかを判断して下さいね!

 

他にもこんな記事が読まれています