三井住友銀行カードローンの審査で家族構成ってどこまで影響するの?
やっぱり独身だと三井住友銀行カードローンの審査は不利になるの?

三井住友銀行カードローンでは家族構成も審査項目の一つとしてカウントされています。

ただ、結論から言えば、家族構成だけを理由に三井住友銀行カードローンの審査に落ちることはまずありえないと言えます。

家族構成だけでに審査に落ちない理由
  1. 妻子持ちの方が審査は強い
  2. 若い独身者や単身者は問題ない
  3. 高齢の独身者になるほど厳しくなる

どうしてこれらの家族構成の条件だと、それぞれの審査結果に違いが出てくるのか?

三井住友銀行カードローンの審査で家族構成が与える影響について、これから順番に解説して行くので、審査に不安を感じるあなたは今すぐ目を通して下さいね!

 

三井住友銀行カードローンの審査で家族構成が与える影響

家族構成の影響①:妻子持ちの方が審査は強い

point 1
妻子持ちは
審査に強い

まず三井住友銀行カードローンの審査では、配偶者や子どもがいる状態だともっとも審査条件としては有利だと言われています。

これは家庭や家族を持っている人ほど、万が一のことがあっても逃げる可能性が低いだろうと銀行側が判断しているためです。

なので、もしあなたが妻子持ち・持ち家ありのサラリーマンであれば、まさに三井住友銀行カードローンが望んでいる理想の見込み客なので今すぐ審査を申込んでみて下さい。

他社の借入状況や返済状況に問題がない限り、あなたも三井住友銀行カードローンの審査に通ることができますよ!

↑詳細は今すぐクリック!↑

 

家族構成の影響②:若い独身者や単身者は問題ない

point 2
若い独身は
問題なし

次に、20代~40代の若い方の単身者・独身者の場合も、三井住友銀行カードローンの審査では特に大きな影響を与える心配はありません。

これは年齢がまだまだ若い事もあり、独身であることが不思議ではない年齢だからです。

そのため、あなたが年収が200万円以上ある会社員やサラリーマンなのであれば、三井住友銀行カードローンの審査に通る見込みは十分あります。

他社の返済履歴に注意した上で、審査を申込んでみることをおすすめします。

 

家族構成の影響③:高齢の独身者になるほど厳しくなる

point 3
高齢の単身者は
審査が厳しい

家族構成でもっとも注意したいのが、60代~の単身者が三井住友銀行カードローンの審査を申込む場合です。

この場合、返済期間が短くなりやすいという問題もありますし、退職後の収入不安、万が一があった時の債権の回収方法に見通しが立ちにくいなどの観点から、審査を断られるケースがあります。

この時の対策方法としては、限度額を20万円以下の控えめにして審査を申込むなどの方法が有効です。

あくまで三井住友銀行カードローンの審査は総合的な判断が行われるので、現在の年収の高さなどをアピールの材料として審査を申込むのがおすすめです。

 

三井住友銀行カードローンなら総合的な審査が行われるから安心!

今回は家族構成が審査に与える影響について、知っておいて欲しいパターンを3つ紹介しました。

三井住友銀行カードローンでは、各審査項目を総合的に見た上で融資の判断を実行するので、年齢や家族構成だけで審査が決まるものではありません。

たしかに、妻子持ちの方が審査に通りやすいのは事実ですが、それだけで審査が決まるのではなく、結婚・育児ができるほどの収入力があるから審査に通ったとも言いかえることができます。

また、独身者であっても年齢が若かったり収入がしっかりとあれば、何の問題もなく審査に通るので、そこまで心配する必要はありません。

むしろ三井住友銀行カードローンなら審査が総合的に行われる分、他のカードローン審査よりも期待できる部分が大きいとも言えます。

もし不安なことがあれば、三井住友銀行カードローンの審査を申込んだ後の本人確認の電話で色々と相談してみることをおすすめします。

三井住友銀行カードローンなら、審査についての不安なことがあれば気軽に相談できるので、あなたも安心して審査を申込む事ができますよ!

↑詳細は今すぐクリック!↑

他にもこんな記事が読まれています