三井住友銀行カードローンは現在の借入額はいくらまでなら審査に通りますか?
現在の借入額は年収の3分の1以下だと審査に通る見込みがあります。

三井住友銀行カードローンの審査基準の一つに「現在の借入額」という項目がありますが、これは簡単に言えば「現在の借金はいくら」ということです。

つまり「現在の借金がいくらまでなら三井住友銀行カードローンで融資する事ができますよ」というのを確認するための審査項目だと言い換えることもできます。

 

現在の借入額は年収の3分の1以下なら審査の適正あり

銀行カードローンって総量規制の対象外じゃないの?
過剰な貸付を防ぐために、年収の3分の1以上は借りれなくなっています。

確かに、三井住友銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンなので、法律上は年収の3分の1以上の融資も可能になっています。

ですが、三井住友銀行カードローンではより安全に利用を続けてもらうために、現在の借入額の合計が年収の3分の1以下になっている人のみを対象に融資を行うようになりました。

ちなみに、住宅ローンや自動車ローン・教育ローンなどの融資の金額は総量規制対象外として、借金として計算する必要はありません。

あくまで、他社カードローンやクレジットカードなどの利用残高の合計額が年収の3分の1を超えていないかがポイントとなります。

現在の借入額として計算する必要がある項目一覧

ちなみに、総量規制の対象、つまり「現在の借入額」として計算する必要がある主な項目は次の通りです。

借入として申告する必要のある主な項目

  • 他社カードローンの限度額
  • クレジットカードのリボ・分割残高
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 携帯電話の分割代金の残高
  • 信販会社で組んだ分割ローン

主にこれらの項目は「現在の借入額」として計算する必要があります。

逆に、ガスや水道などの公共料金や家賃の滞納情報などは、三井住友銀行カードローンの審査では特に問題はありません。

あくまで、信用情報機関に加盟している企業からの貸付の合計金額が年収の3分の1を超えているかどうかが問題となります。

 

現在の借入額は嘘をついてもすぐにバレるので注意!

今回は三井住友銀行カードローンの審査で「現在の借入額」がどれだけ影響を与えるのかについて解説をしました。

三井住友銀行カードローンでは年収の3分の1以上の融資は望むことは難しい一方、一度審査に通れば低金利で便利に利用することができます。

また、審査での印象を少しでも良くしようとして、借入の合計額を安く申告する人もいますが、それは絶対に辞めておきましょう。

三井住友銀行カードローンの保証会社となっているSMBCコンシューマーファイナンスは、常に信用情報機関と連携してあなたの過去のカードの利用状況や返済状況などをリアルタイムでチェックすることができます。

つまり、三井住友銀行カードローンに審査を申し込む時に、借入額などで嘘をつくと言うのは、審査に落とされてしまうリスクをいたずらに高めるだけになるということ。

もし現在の借入額が年収の3分の1を超えそうな場合には、まずは現在の借金を少しでも減らしていく方法を探すようにしていきましょう。

他にもこんな記事が読まれています