三井住友銀行カードローンの審査基準ってどこまで影響があるんですか?
審査基準としては大きく9つの項目に分ける事ができます。

三井住友銀行カードローンの審査に通りたいけど、審査が厳しそうなイメージがある…そんな事を思っているあなた!

確かに、銀行の中でもメガバンクが発行する銀行カードローンはどれも審査が厳しそうというイメージがありますよね。

ですが、三井住友銀行カードローンの場合、必要な審査基準をしっかりと満たすことができれば、あなたも今すぐカードローンを手に入れることだって十分可能なんです。

  1. 年齢
  2. 年収
  3. 現在の借入額
  4. 現在の借入件数
  5. 返済実績
  6. 勤務先
  7. 勤務年数
  8. 持ち家の有無
  9. 家族構成

三井住友銀行カードローンでは、今紹介した9項目を総合的に判断して審査を進め、あなたに融資が可能かどうかの判断を行います。

つまり、たとえ新卒などで年収が低い状態だったとしても、現在の借入金額が少額で、大手企業に勤めているのなら、三井住友銀行カードローンの審査に通る可能性だって十分にあるということ!

今から紹介する9つの審査基準をすべてクリアすれば、あなたもかなりの確立で三井住友銀行カードローンの審査に通るので、今すぐ読み進めていって下さいね!

 

三井住友銀行カードローンの審査基準を9項目に分けて解説!

審査基準①:年齢

三井住友銀行カードローンの審査基準として、年齢は満20歳以上69歳以下と利用規約で定められています。

そのため、未成年の審査申込や70歳以上の方からの審査申込は、自動的に審査落ち扱いとなるので注意が必要です。

ちなみに、現在契約中の方の場合は満70歳まで三井住友銀行カードローンを利用できますが、70歳を過ぎるとカードを利用できなくなるので注意して下さい。

三井住友銀行カードローンの審査は年齢がいくつまで?未成年は申し込めるのか?

 

審査基準②:年収

利用規約上では「原則安定収入のある方」のみが三井住友銀行カードローンの審査を申し込む事ができると定められています。

つまり、専業主婦の方や年金生活者の方からの審査は三井住友銀行カードローンでは審査が厳しいと言えます。

逆に、アルバイトやパート収入の人でも、安定収入が十分にあると判断されれば審査基準をクリアできる可能性が高いです。

一般的に言われている職業区分としては「正社員>契約・派遣社員>パート・アルバイト」の順番になっています。

三井住友銀行カードローンの審査で年収は200万円未満でも通るのか?

 

審査基準③:現在の借入額

三井住友銀行カードローンは銀行からの借入なので、総量規制対象外のカードローンであることは間違いありません。

ですが、三井住友銀行カードローンではより安全に利用してもらうために、年収の3分の1以上の借入がある人に対しては審査を断るようになりました。

住宅ローンやマイカーローン・教育ローンなど、銀行から融資を受けているお金は借金として申告する必要はありません。

他社カードローンやクレジットカードの利用残高の合計額が年収の3分の1以下であれば、三井住友銀行カードローンの審査基準をクリアしていると言えます。

三井住友銀行カードローンの審査で現在の借入額はいくらまでが適正なのか?

 

審査基準④:現在の借入件数

「いつ・どこで・いくら」借りているのかをはっきりさせておくことは、三井住友銀行カードローンの審査基準を満たすためにはとても大切です。

三井住友銀行カードローンの場合、借入の合計額と一緒に借入件数が何件あるのかもチェックしています。

大切なのは、件数よりも金額ですが、あまりにも少額を沢山借りている場合は、審査でやや不利になる可能性があるので注意して下さい。

事前に完済できそうな少額融資の項目があれば、先に完済実績を作ってから借りるのも審査基準を満たすための有効な対策と言えます。

 

審査基準⑤:返済実績

三井住友銀行カードローンに審査を申し込むと、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが、あなたの過去のカード類の利用実績や支払実績をチェックを行います。

この時、「1.3か月以上の連続滞納や遅れがある」「2.今現在も滞納しているお金がある」「3.過去に金融事故を起こした履歴がある」の3つに該当していなければ、審査基準を満たしていると言えます。

毎月支払うスマホの本体代金も借金として計算されるので、毎月の携帯電話の支払いにも注意を配りましょう。

 

審査基準⑥:勤務先

もしあなたが従業員が300人を超える大企業で勤めていたり、東証一部に上場している企業に勤めているのなら、三井住友銀行カードローンの審査に通る見込みはとても高いと言えます。

審査の合否をそこまで大きく左右する項目ではありませんが、一般的には「東証一部上場企業 > 従業員300人以上の大企業 > 中小企業 > 零細企業」の順番で、審査に優劣が付きやすくなっています。

ただし、あくまで三井住友銀行カードローンの審査は今紹介している9項目を総合的に判断した上で融資を決めるので、これだけの条件で融資が決まるわけではないので安心して下さい。

三井住友銀行カードローンの審査で勤務先への電話確認をなくす方法!

 

審査基準⑦:勤務年数

三井住友銀行カードローンの審査基準で少し注意して欲しいのが「勤務年数」の長さです。

あなたが就職してから同じ企業に1年以上努めているのなら、三井住友銀行カードローンの審査では勤務年数の長さが問題になる事はまずありません。

ですが、転職や就職直後で勤務年数が1年未満の場合だと、融資金額などに条件が付いたり、在籍確認の証明書類の提出など追加の審査項目が増える可能性がでてきます。

ですが、勤務年数の短さだけを原因に審査に落ちる事はないので、もし不安な時は本人確認の電話が掛かってきた時に三井住友銀行カードローンに相談してみましょう。

三井住友銀行カードローンの審査で勤務先や勤務年数はどこまで影響する?

 

審査基準⑧:持ち家の有無

結論から言うと、たとえ住宅ローンの残債が残っていたとしても持ち家がある人の方が審査は有利になりやすいです。

と言うのも、三井住友銀行側の考え方としては「住宅ローンの審査に通るほどの与信の持ち主なら、カードローンの審査も大丈夫」と判断してくれるからです。

また、銀行カードローンが返せなくなった万が一の場合に備えても、家の売却資金でカードローンの残債を回収できるからと考えていることも理由に挙げられます。

ただ、持ち家がないことを理由に審査に落ちることはないので安心して下さい。

一般的に言われている審査基準としては「持ち家(戸建) > 持ち家(区分) > 官舎・社宅 > 賃貸 > 公団住宅」の優先順位で審査の評価が行われやすいです。

ただ、繰り返しになりますがこれらの項目だけで審査の合否は絶対に決まりません。あくまで総合的な判断によって融資が決まります。

三井住友銀行カードローンの審査で住宅ローンの残債があるとどうなるの?

 

審査基準⑨:家族構成

三井住友銀行カードローンの審査を申し込むと、現在のお住まいの項目で家族構成を聞かれることがあります。

審査基準としては、同居している血縁関係者が多ければ多いほど、好条件で基準を満たしていると考えることができます。

そのため、単身赴任や独身などで一人暮らしをしている方は、審査条件としてはやや厳しくなりやすいです。

ただ、その分、しっかりと企業に勤めている実績があれば、これらのマイナス部分もクリアできるので、そこまで不安になる必要もありません。

三井住友銀行カードローンの審査で家族構成が与える影響を解説!

 

更に審査に通るための対策としては限度額を少額にするのがおすすめ!

ちなみに、三井住友銀行カードローンの審査に通る確率を少しでもアップさせる方法として「限度額を低めにして申込む」という法方があります。

カードローンと言うのは「無担保・無保証」で借りることができる一方で、担保ありの融資よりも審査基準が厳しくなりやすいというデメリットもあります。

そこで、限度額を20万円以下という、何かあってもすぐに回収できそうな金額を希望することで、融資条件を少しでも引き下げてもらおうとする方法です。

ちなみに、一度でもカードローンの審査に通過すれば、あとは利用実績や年収に応じて限度額の増額審査もいつでも行えます。

なので、まずはあなたが今すぐ必要とする金額だけを借りておき、利用実績を積み重ねてから本当に借りたい金額を増額審査で借りるようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンなら審査基準をクリアすれば必ず借りれます!

今回は三井住友銀行カードローンの審査に通るための具体的な審査基準について9項目に分けて解説をしました。

あくまで三井住友銀行カードローンの審査と言うのは、総合的な判断を行った上で融資の合否が決まるので、基準さえ満たせば絶対に大丈夫と言うわけではありません。

逆に審査基準が微妙な項目がいくつかあったとしても、他の項目がとても良好なのであれば、三井住友銀行カードローンの審査に通る可能性だって十分あるということ。

三井住友銀行カードローンなら審査の対応もとても丁寧でスピーディーに対応してくれるので安心感も強く女性にも人気です。

また、土日祝でも審査の申込が可能で、三井住友銀行内に設置されたローン契約機を利用すれば土日祝でもカードの受取が可能なのは他の銀行カードローンにはない大きなメリットと言えます。

即日融資はできないものの、早めに低金利の銀行カードローンを手に入れたいのなら三井住友銀行カードローンはとてもおすすめなので、今すぐ審査を申し込んで下さいね!

他にもこんな記事が読まれています